小田原食と緑の協議会

TOP > 小田原食と緑の協議会
小田原食と緑の協議会
サイト内リンク


農と自然を見つめて-小田原発スローライフ-




■小田原食と緑の交流推進協議会について
神奈川ゆめコープと小田原産直組合が中心となり、2002年4月に「小田原食料と農業に関する基本協定」し、その基本精神を具現化するために、協議会を結成しました。
組織の枠を超え、生産者と消費者で「環境保全・資源循環型農業」「地産地消」を推し進め、持続可能な社会づくりに向けた地域活性化の拠点づくりをめざしていくなど、食料の自給と安定、持続可能な農業をめざすと共に、『農』を通した「食育」「環境」「食のあり方」を問い、都市と農村の新たな交流をすすめるものとして、体験交流農場等の各種事業を展開しています。
・構成団体紹介
・農事組合法人小田原産直組合:組合員(68名)は、ジョイファーム小田原の生産者
・神奈川ゆめコープ:組合員数約10万人
・生活協同組合連合会首都圏コープ事業連合:会員生協の組合員総数約63万人
・(株)ジーピーエス:首都圏コープ事業連合の青果専門子会社
代表連絡先:ジョイファーム小田原
〒250−0203
神奈川県小田原市曽我岸531
TEL:0465−42−5598
FAX:0465−42−5598







(C)株式会社ジー・ピー・エス 2001 all rights reserved