homeへ 生産者と消費者が出会うコミュニティ パルシステムonlineへ
ファーマーズ*ネット
ファーマーズ*リンク f-netコミュニティ 旬の野菜・果物事典 イベント情報 とれたて産地通信 OneMoreFruit
旬の野菜・果物事典
<<< 野菜・果物インデックス
ブロッコリーの芽
科  名:アブラナ科
供給産地
サラダコスモ(岐阜)
フェニクス(宮城)


産地の方直伝


サラダとか、これからの季節だったら冷し中華の具にすると、飾りにもなるしいいんじゃないかな。栄養が豊富だから、いろいろな料理に使ってほしいね。
■サラダコスモ・武田さん

 


ブロッコリーの芽
●ブロッコリーの芽とは?
ブロッコリー、レッドキャベツなどアブラナ科の野菜の新芽は「スプラウト(新芽野菜)」として商品化されています。種類によって多少色は違いますが、どれもカイワレ大根をひと回り小さくしたようなものです。その中でも、ブロッコリーの芽にガン抑制効果のある成分『スルフォラファン』が多く含まれていることが、米国での研究により明らかになって以来、ブロッコリーの芽が注目されるようになりました。

旬と種類

●5月

 

栄養
ブロッコリーの芽栄養ブロッコリーは、カロチンのほか、ビタミンCやビタミンB1、B2が豊富。また、ブロッコリーに限らず、新芽にはビタミンやミネラルが多く含まれています。それは新芽が出る段階で、種子の状態では存在しなかった種類のビタミンや、その他の栄養成分を合成するから。それに伴ってタンパク質や酵素類も増加します。
保存

冷蔵庫に入れれば1〜2週間程度の保存はできます。包丁を入れたらできるだけ早く食べるようにしましょう。

 

調理時のコツ
ブロッコリーの芽調理のコツブロッコリーの芽の有効成分は水に溶けるので、鍋物や味噌汁、スープなどに使うときには、汁を全部飲むようにしましょう。また、長時間水にさらすと成分が溶けてしまいますので、水洗いはさっとします。
 
 

野菜バー

(C)株式会社ジーピーエス  2001 all rights reserved